2009年08月15日

Gash「令嬢の監獄」でコードギアスパロ……


Gashの「令嬢の監獄」をプレイしていたらコードギアスパロで吹いたでござる。

reizyo_1[1].jpg

主人公とそのライバルがほとんどルル山とスザクそっくり。
これは酷い(褒め言葉)

reizyo_2[1].jpg

いつもの武藤慶次氏の絵だったので公式のサンプルCGじゃ気がつかなかったけど幼女キャラはそういえばナナリーに似ているな。

他も爆裂天使っぽいキャラとかがいた。





(この記事は左道正行が書きました。)


★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 14:00
| TrackBack(0) | 美少女ゲーム

2008年07月14日

気になっている7月発売の触手ゲーム「はなマルッ!2」



「淫妖蟲」のTinker Bell の新作。以前制作された、「はなマルッ!」の続編。しかし話的なつながりは無いらしいです。(※To Heart とTo Heart2の関係みたいな感じ) スタッフはシナリオ:"秋華"&原画:"あおじる"の「淫妖蟲」コンビ
基本は純愛かつギャグモノらしいのだけど、Game-Styleで公開されているCGを見ると濃い触手陵辱もあるらしいので紹介しました。


(この記事は糞蟲良影が書きました。)


★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 02:28
| 美少女ゲーム

2008年05月21日

5月発売の美少女ゲームで気になっているタイトル

5月発売で気になっている美少女ゲームとか。



人妻モノ+戦隊モノのシリーズ3作目。
発売日延期の記事の時にも書いたけど、このシリーズは戦隊モノらしく毎回激しい洗脳寝取られシーンとかをいれてくるので個人的にはすきです。
ただ、人妻モノという部分で、ヒロインの体がちょっとだらしない感じで描かれているので好みが分かれるかも。




濃いエロと純愛モノを交互に入れてくるCLOCK UPの新作。今回は濃いエロの方。エロい時のCLOCK UPはほんとにエロいんで期待。




原画家の人のファンなので、期待。LIBIDOの人といえば古いオタクは分かると思います。



(この記事は左道正行が書きました。)


★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 17:43
| 美少女ゲーム

2008年03月17日

3月末発売の美少女ゲームで気になっているタイトル

3月発売で気になっている美少女ゲームとか。



Amazonまた誤字……ヴァリキリーて。
戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」の続編。前作から引き続き原画は田丸まこと氏。「誘惑」の頃から氏のファンなので、期待。しかし氏はヴァルキリー以外の作品の世間的な評価がいまいち低いのが寂しい。姦狩なんかもっと評価されてもいいのに……。そういえば、人妻診療所がまだ発売日未定のままだけど結局発売されないのか……。というかScoopって今どうなってるんだろ?サイトも無くなったし……まあ……アレだとは思うけど。




某種死にそっくりなキャラが出てくるエロゲ「凌辱ゲリラ狩り3」のスピンアウト企画のソフト。既に発売中。前作がエロかったんで今作も期待していたので、その期待に違わぬエロさで満足。原画とシナリオは同じ人なんでその辺は前作を気に入っていた人も安心して遊べると思う。ただ個人的にCGの塗りはゲリラ狩り3の方がよかった……。




これもまた息の長いシリーズの最新作。限定版の永久堕落ボックスの方は歴代のシリーズがすべて付属するらしい。数年に一度しか姿を現さないという絶海の孤島の洋館の主となり島に訪れた人間を堕落させていくゲーム。ブラックサイクはEXTRAVAGANZA ~蟲愛でる少女~ がちょっと描写がきつすぎたので、個人的にはこのシリーズくらいの方がいい。


(この記事は左道正行が書きました。)


★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 02:05
| 美少女ゲーム

2008年02月27日

2月末発売の美少女ゲームで気になっているタイトル

こんな時期に今更だけど2月末発売の美少女ゲームで気になっているものとか……。



もう、説明の必要がないほど有名な名作「超昂天使エスカレイヤー」の流れを汲む作品。続編というわけではないらしい。
個人的にはエスカレイヤーにあったような洗脳寝取られ触手バッドエンドを期待。




「花の記憶」等で今は無きForestの全盛期を支えたスカイハウス氏が原画を担当しているゲーム。
サンプルを見た感じだと氏の絵とルネの塗りは親和性高いみたいで期待大。


(この記事は左道正行が書きました。)


★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 02:43
| 美少女ゲーム

2007年06月11日

6月発売の注目の美少女ゲーム

6月発売の美少女ゲームで左道正行が注目しているタイトルの紹介。

51Db95p1lHL._AA280__.jpg
姦染2 〜淫罪都市〜 初回版

前作が良かったので期待中。シナリオと原画は前作と同じ人らしいのでクオリティの低下は心配なさそう。
研究所から漏れ出したウィルスに感染した人間が凶暴化、性欲が増大化して他人を襲う。そして襲われた人間もそのウィルスに感染して、感染者が拡大していく。
前作は感染者に襲われたヒロインがウィルスで淫乱化して主人公を襲ったり、主人公が感染して逆にヒロインを襲ったり、全員感染して乱交とかそんな感じだった。
前作は学園が舞台だったけど今回は都市全体らしい。
ウィルスに感染しても死んだりゾンビになったりするわけではないので、どちらかというと「バイオハザード」というより佐藤大輔の小説「黙示の島」に近い。ウィルスで性欲が増大するところもそのまんま(笑)(そういえば同じ佐藤大輔が原作をやってる「学園黙示録」というコミックスがあるけど、話的に「黙示の島」と関係があるのかな?「学園黙示録」は未読なんで・・・・・・)

(amazon参考リンク)
姦染~淫欲の連鎖~
黙示の島


51D6iUvKf9L._AA280__.jpg
虜ノ姫〜淫魔の調律〜

アトリエかぐや TEAM HEARTBEATの新作。原画家買い(M&M氏)。アトリエかぐや TEAM HEARTBEATは前回の陵辱モノ「牝奴隷」のシナリオがあまりにアレだったんでシナリオには少し不安がある(グラフィックは良かった)。個人的にTEAM HEARTBEATは「人形の館」が一番良かったので、アレを超える作品が出ることを期待して。

(amazon参考リンク)
人形の館 ~淫夢に抱かれたメイドたち~
牝奴隷 ~犯された放課後~

(この記事は左道正行が書きました。)




★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 12:10
| 美少女ゲーム