2008年02月17日

押井守監督がスタジオジブリをボロクソに言うラジオ「押井守の世界 シネマシネマ」



文化放送の土曜深夜3時からやっているラジオ。
パトレイバーや攻殻機動隊の押井守監督が1時間ぐだぐだと喋っているだけの番組なんだけれど、監督の語る演出論は漫画とか描いてる身からすればかなり勉強になる。(生かせてないけど……)
特に上記の今週分はかなり面白かった。今回は演出論とかでは無くて押井監督の新作「スカイ・クロラ」についての話になる話だったんだけれど、インタビュワー役のスタッフが元ジブリの方だったらしく、話はスタジオジブリ(というか主に鈴木敏夫プロデューサーについて)の話に……。
それがもうボロクソにけなしてて、すげー面白い。
(鈴木敏夫プロデューサーは)「自分のラジオ番組を私物化する。」「個人というが物無いから、何かやっていいと言ったときにでたらめする」「たぶん恋愛経験は0」「普遍性な部分がない」とか言いたい放題(笑)。
まあ、20年来の付き合いがあるそうですし、愛あってのものだとは思いますが(笑)

(この記事は左道正行が書きました。)


★☆★☆★☆ランキングサイトに登録しました。ご協力お願いします☆★☆★☆★

アダルトブログランキングへ

posted by 弱者の。 at 17:56
| 動画リンク